アンケート

このエントリーをはてなブックマークに追加
NPO法人「親子の絆を再生しよう」(チームふぁぼ)事務局です。

このページには、子どもの連れ去り問題に関して新規アンケート及び過去に行ったアンケートの結果を掲載します。

子ども連れ去り被害に会われた当事者はもちろん、当時者以外の方、また子どもを連れ去った方からの貴重なご意見を頂いて資料を作成・整理し、問題点の把握、子どもの福祉と利益に役立てて行きたいと思います。

結果は、臨床心理士、議員の方、裁判所など関係する機関・団体・個人に情報提供し、子どもの福祉と利益の実現に少しでもお役に立てればと思います。ご協力をお願い致します。

ふぁぼセミナーに関するアンケート

NPO法人「親子の絆を再生しよう」は、2015年10月から2016年10月までの約1年間、毎週「ふぁぼセミナー」というインターネットテレビ会議システムを使って子どもの連れ去り問題について当事者の情報交換、勉強会、お悩み相談、現状把握、当事者の体験の共有、認知度の向上・啓もう活動などを行ってきました(ふぁぼセミナーの詳細・過去のセミナー一覧はこちらを参照下さい)。

2018年春を目標に再開を予定しています。よりよいセミナー運営のために、子ども連れ去り当事者の方またはご関心のある方のご意見を参考にさせていただきたいと思います。以下のアンケートにご記入お願いいたします。なおアンケート締め切りは、2018年3月2日(金)です。ご協力お願いいたします。

Q1:開催頻度について
  • 月1回 100%, 5 votes
    5 votes 100%
    100% of all votes
  • 不定期、随時(連れ去りが多発する時期には回数を増やす。2週間に1回など) 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
  • 週1回 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 5
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q2:開催曜日について
  • 週末夜 50%, 3 votes
    3 votes 50%
    50% of all votes
  • 週末午後 33%, 2 votes
    2 votes 33%
    33% of all votes
  • 平日夜 17%, 1 vote
    1 vote 17%
    17% of all votes
  • 週末午前 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 6
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q3:開催時間について
  • 2時間 33%, 2 votes
    2 votes 33%
    33% of all votes
  • 1時間半 33%, 2 votes
    2 votes 33%
    33% of all votes
  • 1時間 33%, 2 votes
    2 votes 33%
    33% of all votes
  • 2時間以上 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 6
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q4:開催方法について
  • インターネット上のテレビ会議 50%, 3 votes
    3 votes 50%
    50% of all votes
  • インターネットテレビ会議と対面ミーティングの併用 33%, 2 votes
    2 votes 33%
    33% of all votes
  • 対面ミィーティング 17%, 1 vote
    1 vote 17%
    17% of all votes
  • 電話 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 6
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q5:内容について(3つまで選択可)
  • 最新の判例の紹介 29%, 5 votes
    5 votes 29%
    29% of all votes
  • 裁判(調停・審判)に臨む心構えなど 24%, 4 votes
    4 votes 24%
    24% of all votes
  • 当事者の経験の共有(体験談) 18%, 3 votes
    3 votes 18%
    18% of all votes
  • 虚偽DV・住所秘匿などへの対処法 12%, 2 votes
    2 votes 12%
    12% of all votes
  • ディスカッション(共同親権・共同養育、子供の権利など) 6%, 1 vote
    1 vote 6%
    6% of all votes
  • 文献・論文の紹介 6%, 1 vote
    1 vote 6%
    6% of all votes
  • 専門家(弁護士・臨床心理士など)による講演 6%, 1 vote
    1 vote 6%
    6% of all votes
  • 海外動向の紹介 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 17
Voters:6
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q6:開始時期について
  • すぐにでも 40%, 2 votes
    2 votes 40%
    40% of all votes
  • 連れ去りが多発する時期4月、9月 40%, 2 votes
    2 votes 40%
    40% of all votes
  • 1ヶ月以内 20%, 1 vote
    1 vote 20%
    20% of all votes
全回答数: 5
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q7:本人確認の方法について
  • Webカメラ 67%, 4 votes
    4 votes 67%
    67% of all votes
  • その他 33%, 2 votes
    2 votes 33%
    33% of all votes
全回答数: 6
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました
Q8:費用について
  • 無料 50%, 3 votes
    3 votes 50%
    50% of all votes
  • 会員限定 50%, 3 votes
    3 votes 50%
    50% of all votes
  • 有料 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 6
2018年2月3日
2018年3月11日
投票は終了しました

子どもの連れ去りに関するアンケート結果

・アンケート期間:9月7日~9月13日、9月17日~10月4日
・アンケート方法:インターネット調査(ネット上の質問にネット上で回答する形式。回答者がコメント記入可)
・アンケート内容:自身の状況、米国の専門機関、家裁の体質、共同親権、DV認定、日本政府への希望
・アンケート資料:子どもの連れ去り防止に関する日米当局対応の違いについて(2016年9月6日当サイトブログ)
・回答数:各アンケート各項に記載
・日別回答数推移:表1参照

  9月23日~10月5日回答数の日別推移

(表1)9月23日~10月5日回答数の日別推移

アンケート結果
質問1:あなたご自身についてお聞かせください。
  • 子ども連れ去り問題の当事者(連れ去られ側父親) 78%, 32 votes
    32 votes 78%
    78% of all votes
  • 子ども連れ去り問題の当事者(連れ去られ側母親) 15%, 6 votes
    6 votes 15%
    15% of all votes
  • 当事者以外 7%, 3 votes
    3 votes 7%
    7% of all votes
  • 子ども連れ去り問題の当事者(連れ去り側父親) 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
  • 子ども連れ去り問題の当事者(連れ去り側母親) 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 41
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・子ども連れ去り被害に会った父親、母親がそれぞれ78%、15%とほぼ予想通りの結果でした。当事者以外の方からの回答も7%ありました。子どもを連れ去った側からの回答はありませんでした。

質問2:米国の「子どもの問題事務局防止支部」の存在を知っていましたか?
  • いいえ 77%, 36 votes
    36 votes 77%
    77% of all votes
  • はい 23%, 11 votes
    11 votes 23%
    23% of all votes
全回答数: 47
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・米国の子どもの問題事務局防止支部については、23%の方が「知っている」という回答でした。意外と知られているのかなという印象です。

質問3:家庭裁判所の体質について。写真の家庭裁判所の調査官調査報告書は隠ぺいにあたると思いますか?
  • そう思う 61%, 28 votes
    28 votes 61%
    61% of all votes
  • 全く酷い対応です。隠ぺいすることが一番よくありません。裁判所を監視する独立機関が必要ですね。 33%, 15 votes
    15 votes 33%
    33% of all votes
  • 非常識すぎて言葉が見つからない。 4%, 2 votes
    2 votes 4%
    4% of all votes
  • そう思わない 2%, 1 vote
    1 vote 2%
    2% of all votes
全回答数: 46
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・この報告書を見て「隠ぺいにあたる」、「酷い対応」、「非常識すぎる」という回答は合わせて98%になりました。家庭裁判所にはこの国民の声を重く受け止めて欲しいと思います。

質問4:家庭裁判所の体質について。当局によると「裁判官の裁量により隠ぺいは許される」ということですが、そう思いますか?
  • そう思わない(隠ぺいは許されない) 70%, 31 vote
    31 vote 70%
    70% of all votes
  • そう思う(隠ぺいは許される) 20%, 9 votes
    9 votes 20%
    20% of all votes
  • 科学では全く許されませんが、許される事になっているのが自由心証主義かと。 9%, 4 votes
    4 votes 9%
    9% of all votes
全回答数: 44
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・「隠ぺいは許されない」等隠ぺいを支持しない回答が74%ありました。質問がややあいまいで、個人情報などの秘匿には配慮をすることは必要と考えます。この事実も家庭裁判所には真摯に受け止めていただきたいものです。

質問5:共同親権の制限について。連れ去り側の申告によって簡単に親権が制限されていると思いますか?
  • そう思う 82%, 36 votes
    36 votes 82%
    82% of all votes
  • 私の知る限りほとんどの調査官や裁判官は連れ去った親の単独親権を認め、共同親権という概念が欠如している* 9%, 4 votes
    4 votes 9%
    9% of all votes
  • そう思わない 9%, 4 votes
    4 votes 9%
    9% of all votes
全回答数: 44
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・親権が制限されていると感じるとの回答は合計で91%でした。

質問6:DVの認定について。現状では、一方の申し出により簡単にDV認定されていると思いますか?
  • そう思う 85%, 39 votes
    39 votes 85%
    85% of all votes
  • そう思う。私自身、配偶者からDVと訴えられ、何の聞き取りもなく一方的にDVとされた。* 7%, 3 votes
    3 votes 7%
    7% of all votes
  • そう思わない 4%, 2 votes
    2 votes 4%
    4% of all votes
  • わからない 4%, 2 votes
    2 votes 4%
    4% of all votes
全回答数: 46
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・92%の回答者が、一方の申し出により簡単に、DVが認定されていると回答しました。国会議事録によるとDVの認定は、加害者・被害者双方から事情を聴いて、DV認定するとなっていますが、そうなっていない実態が浮き彫りになりました。

質問7:DVの認定について。国会答弁では被害者・加害者双方から事情を聴いてDV認定の判断をするとなっていますが、現場ではそうなっていると思いますか?
  • 全くそう思わない 82%, 37 votes
    37 votes 82%
    82% of all votes
  • あまりそう思わない 16%, 7 votes
    7 votes 16%
    16% of all votes
  • まあそう思う 2%, 1 vote
    1 vote 2%
    2% of all votes
  • そう思う 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 45
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・このアンケート結果も質問6を裏付ける内容で、現状では加害者・被害者双方からの事情聴収がなされていません。

質問8:DVの認定について。配偶者暴力防止法については、「暴力の事実認定が不要な欠陥法の改正を」と記事に書かれていますが、改正の必要はあると思いますか?
  • あると思う 84%, 38 votes
    38 votes 84%
    84% of all votes
  • 絶対に必要。そのため虚偽DVが横行している。虚偽DVは犯罪と認定しなければいけないと思う。* 13%, 6 votes
    6 votes 13%
    13% of all votes
  • あると思わない 2%, 1 vote
    1 vote 2%
    2% of all votes
  • まああると思う 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
  • 余りあると思わない 0%, 0 votes
    0 votes
    0% of all votes
全回答数: 45
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・「改正の必要がある」、「絶対に必要」を合計すると97%の方が改正に賛成という結果が得られました。

質問9:日本政府に何を望みますか?(5つまで選択可)
  • 子どもを連れ去ることは犯罪という意識の向上 21%, 52 votes
    52 votes 21%
    21% of all votes
  • 共同親権(民法818条3項)の厳格な実施 20%, 49 votes
    49 votes 20%
    20% of all votes
  • DV認定を慎重に行うこと 19%, 46 votes
    46 votes 19%
    19% of all votes
  • 一般の方向けに子どもの連れ去り問題の認知度向上 18%, 44 votes
    44 votes 18%
    18% of all votes
  • 子ども連れ去りが起こったら、24時間緊急に対応する機関の設置 15%, 36 votes
    36 votes 15%
    15% of all votes
  • 離婚前の夫婦について双方の共同養育権を明確にして欲しい。 6%, 14 votes
    14 votes 6%
    6% of all votes
  • こどもの連れ去りについては、虐待における児童相談所の対応基準である48時間を参考にしてはいかがでしょうか。 3%, 7 votes
    7 votes 3%
    3% of all votes
全回答数: 248
Voters:202
2016年9月17日
2016年10月4日
投票は終了しました

・子ども連れ去りは犯罪という意識の向上、共同親権の厳格な実施、慎重なDV認定、認知度の向上、24時間対応可能な機関の設置、あまり差が開きませんでしたが、どれも重要な事です。どのようにしたら実現できるのか次のステップで考えていきたいと思います。