【Y!ニュース記事引用】日本の公的機関が実子誘拐に役立つようなセミナーをしたというのは本当なのか?~セミナーを行った弁護士に懲戒請求書を提出(令和元年5月24日提出)

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス在住のライターのプラド夏樹さんの記事(2019年8月31日Y!ニュース)を以下引用します。

日本の公的機関が実子誘拐に役立つようなセミナーをしたというのは本当なのか?

2018年5月15日にフランス・パリで開催されたハーグ条約セミナーを「子どもを連れ去る親のケーススタディーで学ぶスタイルのセミナー」と紹介し、フランスの法律事務所が4か国10名の子ども連れ去り被害の実態を国連人権理事会に告発した事実にも触れられています。日本政府の責任は重大とも指摘されています。

当NPO法人では、このセミナーの悪質さをいち早く指摘し、セミナーで講師を務めた弁護士に対し、令和元年5月24日に懲戒請求を行っています。

詳細は下記画像をクリックして下さい。

 <<< 詳細は画像↓↓↓をクリック >>> 

ハーグ条約セミナーで子ども連れ去り指南を行った芝池俊輝弁護士に対する懲戒請求書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です