「実子誘拐ビジネスの闇」発行されました(池田良子著 飛鳥新社)

このエントリーをはてなブックマークに追加

実子誘拐ビジネスの闇」という子ども連れ去りについての本が発行されました。
著者は、ヒューマニスティックな視座で、世の中の不条理や不正義を問い続けるジャーナリスト池田良子(いけだ よしこ)さんです。

副題は、

【告発ノンフィクション】
自主規制か、圧力か。
NHKでも「放送禁止」となった最大のタブー

ルールはひとつ
相手より先に我が子を誘拐すること

「パパ、手をにぎってて」 父親はなぜ2歳の娘の手を離さなければならなかったのか。「DV」というレッテルを貼られた父親の10年におよぶ死闘の記録と、家族を壊す人権派弁護士たちの正体を暴く!

《目次》
第一章 世にもおそろしい実子誘拐の真実
第二章 父親への集団リンチと人格破壊
第三章 ハーグ条約を“殺した” 人権派弁護士
第四章 「片親疎外」という児童洗脳
第五章 家族を壊す日弁連という危険分子
第六章 DVシェルターという名の拉致監禁施設
第七章 “敵”がたくらむ全体主義社会

家庭を壊す人権派弁護士たちの正体を暴く告発ノンフィクション!
日本における子ども連れ去りの実態がこの一冊で分かります。

本の注文は、画像をクリック! Amazonのリンクへ移動します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です