【新証拠追加 弁護士の謝罪】今更でごめんなさい ~ ハーグ条約セミナーで子ども返還拒否の方法を公言し、東京高裁で敗訴確定した なんともお粗末なハーグ条約専門弁護士 芝池俊輝(証拠写真・音声録音公開)

このエントリーをはてなブックマークに追加

以下に掲載する弁護士芝池俊輝は、
12月21日(土)午後1〜5時 弁護士会館2階講堂において
日弁連主催のシンポジウムにて親権について講演を行いました。
セミナー案内はコチラ
 
弁護士芝池俊輝は
「現在でも共同親権は可能」
と共同親権を推進するような発言
 
ところが裁判実務では、面会交流禁止など
今でも、親子断絶を繰り返し働いています
全くの偽善者です
この弁護士により子どもに会えなくなり
泣き寝入りした国内・海外当事者が大勢います

証拠写真・音声録音☟公開中

芝池俊輝弁護士のような
子ども連れ去り弁護士を根絶するために
このページを作りました

よろしければ拡散お願いします
弁護士芝池俊輝と係争中の弁護士・当事者の方には
この弁護士についての豊富な裁判記録・証拠等を無料で提供します


ハーグ条約セミナーで
子どもの返還拒否の方法・理由を公言
日弁連ハーグ条約に関するWG副座長


子供連れ去り弁護士 芝池俊輝
敗訴確定

令和2年1月21日 東京高裁

 

違法行為を指南した芝池俊輝に
複数の懲戒請求書が提出(当然)

ハーグ条約セミナーで子ども連れ去り指南を行った芝池俊輝弁護士に対する懲戒請求書

***

12月4日掲載の某新聞より芝池俊輝(ことのは総合法律事務所)弁護士の発言を引用。

弁護士芝池俊輝の発言
「泣き寝入りがほとんどのようだ」

芝池弁護士は、面会交流の禁止など、自ら子ども引き離しの状況を作っておきながら、一方ではこのような発言をしている(赤線参照)

一方で、弁護士芝池俊輝は、別居親と子どもの面会交流の禁止などを主張することにより(下記証拠写真)、別居親が泣き寝入りを余儀なくされる状況を自らの手で作り出し、ときには、虚偽の陳述やねつ造をしてまで、今日まで国内・海外当事者に対し親子引き離しを繰り返してきました。

この弁護士により子どもと生き別れになり、泣き寝入りさせられた別居親はとても多いです。こんな弁護士が講演したり、野放しでいいでしょうか?

 

【弁護士芝池俊輝による親子断絶の実例】


実例①:面会交流禁止を主張

子どもに会えなくなった別居親は泣き寝入り

親と子どもの面会交流の禁止を主張する弁護士芝池俊輝。
子どもと会えなくなった親は泣き寝入りをするしかなかった。

 


実例②:面会交流できない日程を指定

弁護士芝池俊輝は
年末で飛行機の予約が取れないことを知りながら
ピンポイントで大晦日を面会交流日に指定


実例③:面会交流の協議を拒否

協議を続けるには最高裁での特別抗告を取り下げろと主張
まさに子ども連れ去り弁護士の人質司法

弁護士芝池俊輝は、特別抗告が係争中であるので、面会交流の協議には応じられないと主張。

 

自ら手を下しておきながら
泣き寝入りがほとんどのようだ
☟うそぶく弁護士芝池俊輝☟

 

やはりごめんなさいでは済まなかった💦

 

被告人芝池俊輝に対する本人尋問

(証拠写真)被告人芝池俊輝の本人尋問を傍聴(平成29年6月28日午後1時10分開廷)尋問調書より芝池俊輝の宣誓を抜粋(芝池の署名・押印に注目)本人尋問表紙はこちら。虚偽陳述には制裁と明記。宣誓した以上、芝池俊輝は真実を語らねばならない

参考マンガ:次はあなたが狙われる!子ども連れ去りの手口 暗躍する人権派弁護士(実話をもとに作成)

↓創価学会で人権について語る弁護士芝池俊輝↓

(証拠写真9-2) 創価学会学生部で人権について講演する弁護士芝池俊輝。この弁護士、講演内容と裁判実務が全く矛盾している

子ども連れ去り弁護士芝池俊輝については、法律事務所や当事者から現在も多くの問い合わせ・相談・情報提供の依頼が当会に相次いでいます。子ども連れ去り悪徳弁護士を許さない複数の国会議員をはじめ、世界中に存在する当会の協力者が弁護士芝池俊輝の違法行為を監視しています。弁護士芝池俊輝についての英文記事はコチラ

↓フランス・パリでの芝池弁護士の発言↓
証拠:音声録音テープ公開

芝池弁護士の講演は録音開始後15:05頃から始まります。

 

 

芝池俊輝弁護士が行ったセミナーに対し
抗議するフランス人親たち

弁護士が子ども連れ去りを指南するなど言語道断。

次の画像をクリックすると、弁護士芝池俊輝(ことのは総合法律事務所)に対する懲戒請求書、児童虐待、虚偽及びねつ造、被告人として訴えられた芝池俊輝の本人尋問などが表示されます。

こんな弁護士を放置すると
また泣き寝入りさせられる親が出てきますよ

ハーグ条約セミナーで子どもの返還拒否の方法・理由を公言
弁護士芝池俊輝 敗訴確定 東京高裁

 

ハーグ条約セミナーで子ども返還拒否事由を公言し東京高裁で敗訴した弁護士芝池俊輝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です