現在裁判所で係争中の親権・子ども連れ去り関係の(集団)訴訟のまとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在日本の裁判所で審議中の親権・子ども連れ去り関係の(集団)訴訟のまとめです。

法務省は2020年4月10日親権に関する調査結果を公表しました(記事はコチラ)。
調査対象24カ国のうち22カ国が共同親権を採用していました。
先進7か国(G7)の中で、日本だけが単独親権制度を採用しています。

国境をまたいで人的交流が進み、今後国際結婚がますます増えていくでしょう。
そのような中、日本のみが単独親権制度を維持するのは、もはや国際的に通用しないのではないでしょうか?
ここに掲載する親権や面会交流に関する集団訴訟が起こされるのも当然でしょう。

下記の集団訴訟の中には、外国籍の方もおられます。
グローバルな視点で日本の制度の矛盾を指摘しています。

各訴訟の詳細は、リンク先のWebサイトにてご覧ください。

訴訟名 提訴日 裁判所 原告の数 内容
面会交流立法不作為訴訟 2018年3月8日 東京地裁 14 面会交流は親の持つ権利であり、離婚や別居で面会交流の機会を確保するための立法措置が講じられていないのは違憲
*1審敗訴(2019年11月22日)・現在控訴中
作花共同親権訴訟 2019年3月26日 東京地裁 1 親権は、憲法13条が保障する人格権や幸福追求権に含まれる基本的人権であり、離婚後の強制的な単独親権は違憲である。
国家賠償請求訴訟 2019年11月22日 東京地裁 12 民法の規定(818条、819条)が、親の「養育権」(憲法13条に由来)を損ない平等原則(憲法14条)に違反していると主張
子の連れ去り違憲訴訟 2020年2月26日 東京地裁 14 子の「連れ去り」を防止する日本国内法が存在せず、立法することを求める。立法不作為の違憲訴訟。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です